もう少し鈴木みのるとNOAHのこと

161204-01.jpg

もろもろコメントが出ました。

杉浦vs鈴木は壮絶な果し合いに!「現状甘んじてるヤツたくさんいるだろ。まず自分で動け(杉浦)」12月3日(土)「ONE NIGHT CRUISE 2016 in DIFFER」ディファ有明大会 試合後コメント





北宮を破りGL優勝を果たした後、最終決戦を謳い2試合を戦いきった。

12月2日 後楽園ホール 37分01秒 中嶋勝彦
12月3日 ディファ有明 33分30秒 杉浦貴

2日の結果を踏まえてカード変更となったとはいえ、
奇しくも(なのか必然なのか)これからの、鈴木みのる無き後、
ノアのメインストーリーの主力になるであろう二人とまさに死闘をやってのけた。

この2年間ノアを蹂躙し、侮辱し、ファンの神経を逆なでまくった鈴木みのる。
ここまでの「強くて憎き鈴木みのる」というブランディングは完全に出来上がっている。

鈴木みのるはこのふたりとの戦いによって、ふたりに「これが命張るってことだ」と伝えたと同時に、

あの「強くて憎き鈴木みのる」を死闘の末倒したチャンピオン中島勝彦。
あの「強くて憎き鈴木みのる」を死闘の末倒した杉浦貴。

という格を持たせた。
要は乗り越えたことを印象付けた。
これからこのふたりを軸にストリーを展開していくと思われるが、ノアにとって最良の引き方と引き際だったのではないか?

ただ、鈴木みのるができるのはここまで。

この後のストーリーはあの日ディファでぼんやり見せた(次期チャレンジのアピールなど)が、正直ワタシには全く魅力的に感じなかった。そもそも前回の観戦記で書かなかったが、メイン以外の会場のあまりの静かさに正直驚いてしまった。ディファってノアのホームだと思うけど、これならちょうど今やってる新日本の地方会場のほうがよっぽど沸いている。おそらくこのままこんな感じであればもうNOAHを会場で観戦することはないと思う。

鈴木みのるがこの2年掛けてやってきたことは「ノアの延命」だったのか?「甦りへの布石」となったのか?

その答えはこれからのノアにかかっているが、あまりに厳しい。








プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

【2】プロレスリング・ノア12.3ディファ有明大会見届け記

入場時から鈴木みのるは怒っていた。

ただ入場時にはその怒りを押し殺しているように見えたが
後から入場してきた杉浦貴の顔を見た瞬間、顔を覆っていたタオルを投げ捨てた。

隠していた怒りの炎が一気に噴き出したように見えた。
こんなみのるを見るのは初めてな気がする。


その怒りが何なのか?
何に怒っているのか?
そもそも本当に怒りなのか?
何か別の感情を隠すための怒りなのか?

写真 2016-12-03 19 18 40.jpg

写真 2016-12-03 19 21 13.jpg
ゴングが鳴り二人は感情をぶつけ合うように肘を打ち合った。
まったく何発打ち合ったのか見当もつかないほど・・・


そして鈴木みのるはずっと声をあげていた。

「来いよ!」
「もっと来いよ!」
「どの口が言ってんだ!」
「もう終わりか!」

写真 2016-12-03 19 21 22.jpg
写真 2016-12-03 19 21 23.jpg


鈴木みのるの怒号は最後は言葉にならず高笑いに変わった。
肘を打ち込まれたびに響きわたる雄たけびにも似た断末魔のような高笑い。



見ているうちに、

みのるが

杉浦に

何かを
渡しているような、
託しているような
感覚になった。

写真 2016-12-03 19 28 17.jpg
写真 2016-12-03 19 28 32.jpg
嫌な、強い、いやらしい、憎らしい 
これまで何度もノアファンに見せつけヒートを買ってきた

本当に嫌な鈴木みのる。


そんなノアでの鈴木みのるの集大成を見せたうえで杉浦によってマットに沈められた。

いや本当に強い、憎き、最上級の鈴木みのるをこの日杉浦に沈めさせたのだ。




案の上、最後の杉浦はノア全選手に宣戦布告をした。
これまで鈴木みのるがやってきたように。

なんというか凄いものを見た。
見に来て、見届けに来てよかった。



思えば、昨年末のみのるが丸藤に負け、杉浦が裏切った大田区体育館大会。
じつはここで鈴木軍撤退のはずだったんではないだろうか?

ただこの時点では丸藤・杉浦以外に際立った選手がおらず興行が足り立たない。
それを踏まえ、この一年で他選手の引き上げを目論見、結果潮崎が、中嶋が、北宮が上がってきた。
現に、この一年丸藤は年初に杉浦にGHCを奪られて以降は矢野とのタッグ、G1出場とノアの一線からあえて少し離れたところにいていたように見える。
すべては新たなタレント、戦力の増強のため。


さらにそれらと敵対するため、強い鈴木みのるを倒したという称号を杉浦に持たせた。
ある意味、杉浦を置き土産のようにして去っていくのかもしれない。














プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

【1】プロレスリング・ノア12.3ディファ有明大会見届け記

今のプロレスって全く会場に行かなくてもネットでいろいろ情報拾うだけで語れちゃうんですよね。
ただ、その場の空気感みたいなものは会場にいなければ絶対にわからない。そしてなにより興行の入場料収入がないと団体自体の存続にかかわるので、これからも楽しませてもらうためにしっかりお金を落としに行ってきました。

というか、今回はどうなるにせよ見届けなければいけない気がして・・・。

ノア観戦はかなり久々。さらにディファ有明は初です。
ディファはコンパクトなんですね。リングから2列目だったのでかなり近い。体のぶつかり合う音や息遣いなどもしっかり聞こえてくるくらいの近さです。

メインまでの試合・・・言いたいことはいろいろあるけど今回はメインを見に来たので・・・。

ということで「鈴木みのるvs杉浦貴」観戦記は次回に。


写真 2016-12-03 16 44 52.jpg

写真 2016-12-03 14 59 14.jpg

写真 2016-12-03 18 35 39.jpg

写真 2016-12-03 19 04 37.jpg





プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

セルフプロデュース力欠如

いよいよ明日ですね。
調印式・会見の模様が公開されました。


161201-01.jpg
>「王者としてすべてを受け入れて、その上で勝つことしか考えていない(中嶋)」最終決戦!12.2後楽園GHCヘビー級選手権調印式の模様

161201-02.jpg
>「誰なんだよコイツ(タイチ)」12.2後楽園ホール大会GHCJr.ヘビー級選手権調印式の模様

161201-03.jpg
>「俺たちはいまやるしかない(潮崎)」12.3ディファ有明大会GHCタッグ選手権調印式の模様

これみなさんどう見ますか?

それぞれ会見で何を語っているのかは公式サイトで確認しましたが、こうやって見ると本当にわかりやすいですね。

ここに出てくる中嶋、潮崎、谷口、小峠・・・

まぁぁなんというか・・・

ノア選手のセルフプロデュース力の完全なる欠如

当たり前のこと普通に言ってるだけ。

会見する意味あるんでしょうか?


しゃべる内容はもちろん

発する言葉
声、口調
立ち振る舞い

どれを取っても記憶にも残りません。

正直プロレスの勝敗はどうなるかわかりませんが、
プロレスファン、世間に向けてのアピールや魅力を発信するという意味ではこれでは絶対に勝てません。

今のノアの観客動員が厳しい状況は所属選手の魅力不足ですよね?もしくは魅力の発信力不足。

わりと真面目にセルフプロデュースのアドバイザーとかその手のプロを団体として契約したらどうでしょうかね?


オレハトマラネエ


これもどうかと思います。使う時と場合も選べてないし・・・。
「愛してま~す」のようにやり続けることも大事かもしれませんが、今時点であまりにも浮いてる気が・・・。軌道修正する勇気も大事なんじゃないでしょうかね。


ノアでは唯一丸藤のマイクなどはボキャブラリーも多いし、適格なこと言ってる感じがします。またいまだと北宮の言葉も響いてくる感じします。が、それ以外がこれでは団体としてはしんどいですね。

団体の魅力はあくまでも「選手の魅力の総力」ですよね。

今やプロレスラーは「リングの戦いがすべて」と言ってられる時代ではありません。
それをプロレスラーはもちろん団体も認識、推進すべきです。


ノア選手たちはこの2年間、「プロレス界で屈指のセルフプロデュースのお手本」を間近で見ていったい何を学んでたんでしょうか?








プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

ぶち壊されたファンタジー

1125-01.jpg

なんですかねこれ・・・

>NOAH一夜明け会見

――鈴木選手が昨日、中嶋選手に対戦を迫ったときに「負けたほうがここを去れ、それが条件だ。最終決戦で全面対抗戦だ」とおっしゃっていたのですが、このことについて会社としてどのように受け止めていますか?

>会社としてそもそも単純に看過できる話ではないので、一概に『わかりました』となってはおりません。

――鈴木選手が言っていた「負けたヤツはここから去れ」というコメントですが、鈴木軍が負けた場合にノアから去るというのはわかるのですが、万が一ノア自体は負けた場合は、どのような認識でしょうか?

>いやあ、就任1カ月足らずでこんな大きな問題を提示されても、どうしていいかわからないというところなんですけど。


完全に興覚め。

鈴木みのる最後にして渾身の仕掛けかと思ったら・・・・

ここまでの根回しが出来ていなかった?

ある意味ファンタジーとリアルの融合がプロレスであり、
もちろんリアルがあるのは重々承知で、それでもファンはファンタジーを見ていたいんですよね。

ファンタジーの舞台に上がってくるのであれば

「わかりました!負けたらノア解散を賭けましょう!」

くらいこの新会長が言ってくれてもいいと思うんです。
いやむしろ公の場で会見するくらいならそう言うべきなんです。

しかも2日、3日の2日間になったことについても
>我々としては興行会社ですので、このようにしたいという意向もあって。

なんだこれ

翌年以降のスケジュールが出てるのも、団体としては出さざるを得ないとうことなんでしょう。
であれば「団体存続アングル」は結局無理があるってことでしょうか…?

ここまで盛り上げてきて・・・ドラマとしては最悪の局面です。見る側のモチベーションダダ下がり。

なんだかね・・・いろいろ残念すぎます。






プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

鈴木みのる~NOAHの行方2~

鈴木みのるが仕掛けたという「最後の時限爆弾」

そのキーワードをまとめてみます。


【 11月4日(金)後楽園ホール大会 試合後】
「もう止まらない。もう止まることはねぇんだ。すべてぶち壊してやる。すべてな。心も体も、そしてテメェたちの夢も希望も住む家も! もう動き出してるんだ。俺が仕掛けた最後の時限爆弾。あとはその時が来るだけだ。ぶち壊してやる」

【11月5日(土)キラメッセぬまづ大会 試合後】
―“時限爆弾"が気がかりだが、丸藤は『むしろ楽しみにしてる、なんでも来い』と楽観しているが?
<鈴木>「…その言葉…必ず後悔することになる。だから言っただろ? すべてだ! ここにあるすべてだ! この世に存在する…プロレスリング・ノアに存在する…すべてだ! 全部…全部ブチ壊してやる…」

【11月11日(金)ツインメッセ静岡大会 試合後】
―それはいつごろ分かる?
<鈴木>「うるせえ…それを知ってるのは俺だけだ。そしてその威力を知ってるのも俺だけだ。いや違う! 爆発した時にお前らも分かるだろう。『あぁ! そうか。そんなこともあったっけ』ってな。この日本のプロレスの歴史上からも消し去ってやる。消すと言ったらすべてだ! 消えてなくなれ、プロレスリング・ノア!!!」

プロレスリング・ノア公式サイトより






「時限爆弾」という呼称からして、11.5新日本大阪大会のものと連動して考える向きもあったようですが、どうやら無関係のようです(ま、まだわからないわけですが・・・)で、前回「内部に仕掛けた時限爆弾」という表現ではいずれもNOAH本体からの裏切り者の存在(杉浦、金丸)が真相でした。※今回は「杉浦、金丸の裏切りとは規模が違う」と言ってますね。NOAH存続自体を賭けた仕掛け(NOAHは消えてなくなる!)のように見えていますが、来年1月以降のスケジュールが発表されており、どうやら急に無くなったりはしないようです・・・(苦笑)※これじつは昨年の12.23大田区体育館のNOAH解散を賭けるとして戦前からかなり盛り上がった「丸藤vs鈴木戦」のときもすでに翌年のスケジュールが発表されていてなんだか興ざめでした(もう少しこの辺気を使ってほしいなぁと)しかも事業譲渡したタイミングで消滅するとか・・・ま、現実的ではありませんしね。

ということで、今回も裏切り者の存在かな・・・

寝返って一番インパクトあるのは丸藤正道。

そもそもこんな関係でしたしね。

ss.jpg
こちらの公式サイトで確認できます。

現NOAHの象徴とも言うべき丸藤が本隊と敵対することで、中嶋、マサなどの本当の覚醒、そして復帰入団してもなんだか眠たい潮崎の目を覚ませることができるのかもしれません。

ま、とはいえ、正直鈴木軍とNOAHの対立構造のアングルは少々マンネリ気味です。
もっと鈴木軍撤退、もっと言えば鈴木軍解散的な話につながっていく時限爆弾なのかもしれません。

丸藤を引き入れたうえで、NOAH撤退→新日本プロレスもありかな・・・。ただ、パッケージ化された今の新日本プロレスに鈴木みのるを受け入れるだけの土壌はない気がしますね。ファンからのブーイングや拒絶反応もプロレスの楽しみのうちだとは思うんですが、それはオールドファンの感覚であって、せっかくここ数年の獲得したファン層が離れていってしまうくらいのインパクトになりそうです。

ということで、いろいろ想像しながらそのときを待ちたいと思います。






プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

鈴木みのる~NOAHの行方1~


ワタシの大好きなレスラー「鈴木みのる」率いる鈴木軍。
鈴木軍はいまプロレスリング・ノアに出向中です。思い起こせばNOAHは昨年鈴木軍によって生きながらえました。鈴木軍がいなければNOAH自体がプロレス界で話題に上がることもなかったし存続すら危ぶまれていました(あくまでも個人的見解です)そんなNOAHでは現在グローバルリーグ戦が行われています。リーグ戦といえば昨年は鈴木軍が優勝したらプロレスリング・ノア解散を明言。そんな緊張感のなか丸藤が優勝してその勢いで年末の大田区体育館で鈴木みのるからGHCのベルトを奪還しました。(杉浦の裏切りも盛り込み)この一連の流れはNOAHファンからも鈴木軍ファンからも大きな熱を発し、そのNOAHという団体の行方も含め大きな注目を集めましたね。

で、今年、なんのかんのありながらNOAH参戦を続けていた鈴木軍も、先日の大会ですべてのベルトを失い、ある意味「身軽」になりました。要は動ける状態が整ったわけですが、このタイミングで鈴木みのるがまたも仕掛けを打ってきました。


週刊プロレス 2016年 11/16号 No.1976 [雑誌]


時限爆弾。
本来この仕掛けは鈴木みのるの専売特許ですw
(新日本プロレスがパクっただけであって)



※8:19あたりから

もう動きだしてるんだ。
オレが仕掛けた最後の時限爆弾。
あとはその時が来るだけだ。


さて、この時限爆弾とは何のことでしょうか?
「最後の」と明言してしまっています。
奇しくもノアの事業譲渡が発表され、体制が変わるとあってはやはり離脱を意味するものであるとは思いますが、この時限爆弾とは何なのか・・・おそらく「その時」というのはリーグ戦の終了時だと思いますが・・・色々メディアに露出されている情報をまとめて考えてみたいと思います。





プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村