【新日本プロレス】12.16後楽園ホール観戦記【高橋ヒロム凱旋】

写真 2016-12-16 20 22 28.jpg

高橋ヒロムの凱旋試合が見たくて後楽園ホールに行ってきました。
相変わらず、新日本プロレスの後楽園ホールはパンッパンのフルハウス。この熱気は選手のテンションも高めます。選手がハッスルすれば会場も沸き、完全にプラスのスパイラルが出来上がってますね。

そんな出来上がった大会で気になったところなど感想を・・・

■引き際とは?
翌日のシングルも含め概ね好意的に受け入れられている永田・中西。なんだかプロレスってやはり特殊なんだなと思いますが、他のスポーツでいえば年齢からくる身体的な衰えを感じたら自ら退く決断をします。そのタイミングは当然本人に委ねられますが、プロレスは圧倒的に遅いですね。古くは馬場さんなど・・・。正直、中西、天山はもうその時期ですよね。天山なんかは蝶野と組んでいた時代は大好きでした。なのでその衰えた姿を見るのは逆に苦しいんです。「まだ出来る」その言葉は悲しく響きます。

■ロス・インゴベルナブレス
内藤さん以外の三人。来年は色々と考えて動く時ですね。BUSHIはヒロムをどう見てる?ま、ようやくJr.タッグが組めるメンバーが入ったわけではありますが、今年あれだけ抗争を繰り広げたKUSHIDAと東京ドームという最大の会場で凱旋していきなりの選手権試合・・・試合自体もそうだし、勝敗がどちらに転んでも決して心中穏やかではないはず。SANADAは新日本プロレスのトップどころとの対戦でインパクトを残しましたが、それでもくすぶってる感は否めないですね。格のイメージ的には内藤→IWGP。インターコンチのベルトを内藤さんが持ってる現状は一種のねじれ現象のような感じです。そのためドームではインターコンチのベルトは棚に渡しちゃってSANADAにはそのインターコンチを狙ってほしいです。EVILはあのキャラいつまでやるのかな(笑)今年NEVER絡みがひと段落しちゃったので来年はどうしましょうかね・・・。IWGPでもないだろうし、インターコンチ?EVILの2017は今時点でいまひとつターゲットが定まらない感じです。
余談ですがプロレスリング・ノアの谷口はEVILキャラを見習う…パクるべきかと。「エーブリシングイービル、すべてはイービルだ」って言ってれば喋りがダメとか言われないで済みます。いや割とマジで。

■矢野登場
NJPWではどう見えていたか確認していませんが、会場では矢野の「会場登場→本部席でゴングの木槌強奪」の流れは見えていました。(会場ってちょっとした人の動きが乱入か?と気になるんですよねw)矢野はほんの数分の登場でその存在感をばっちり残していきました。1.4石井とのタッグというすでに決定している他カードを無視したカード要求も矢野らしくてよいですね。

■柴田のテーピング
今年の夏頃からでしたかね?背中から肩のテーピング。これある意味柴田のコスチュームのようになってしまっていますが、肩悪いんですかね?それにしちゃ対戦相手も狙わないし・・・ま、いいんですけど(笑)

■オカダvsケニー
オカダは前哨戦(1.4までの試合全部)いいようにケニーにやられてますね。ケニーもヒール色をあえて全開にしてヒートを買ってる感じ・・・ちょっと露骨&古典的じゃないですかね?これってやはり1.4でのオカダ防衛フラグでしょうか?ケニーの大一番での試合はどれも面白いですが、G1での内藤戦、後藤戦を超える試合をドームでは期待しています。




■ヒロムのインパクト
この日はある意味1.4前のヒロムのお披露目。そのため一方的にヒロムが目立って当然という舞台です。そのハードルをヒロムは超えることが出来たのか?ネット上での意見は概ね「ヒロムすげー」ですね。ワタシ的な感想は「良い意味で想定内」。全体的な佇まいや、走りこんで場外への回転エビ固めからのパワーボム?など凱旋試合としてのインパクトは残したと思いますが、期待の上を行くようなビッグサプライズは正直なかったかな。もっともっと出来るんでは?もっともっと引き出しあるんでは?と思いました。しかしまぁ、内藤さんとヒロムが組むとヤサグレ感がハンパないですね(笑)

■棚橋大丈夫?
WTLからですが、この日も棚橋が元気ないように見えました。ハイフライフロー以外の新たなフィニッシャーとか試し斬りするとか…何かしらのインパクトあるアクションが欲しいとこでしたが、特になにもなく・・・。ロスインゴやバレットクラブが色々と仕掛けを打っているなかで、もう棚橋は受けて立つ立場にはいません。そのため良くも悪くも変わらない棚橋はどんどん霞んでいっちゃう気がします。変わらない安心感ももちろんありますが、このあたりで変化も必要ではないでしょうかね?棚はまだ老け込むには早い。






プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

この記事へのコメント