よやく本隊からルーシュが!

1118-01.jpg
1118-02.jpg
1118-03.jpg

ファンの皆さんの情報収集により11.18以降のアレナメヒコのカードに本来あるはずの名前がないと噂になり、Xはほぼロス・インゴベルナブレスの「ルーシュ」で決まり的な状況でした。そんななか本日の後楽園ホールのメインにデハポンのメンバーが全員見守るなか今となっては懐かしい(笑)銀仮面で登場したのはやはりルーシュでした。

ルーシュがコールを受ける際の内藤さんのドヤ顔がよかったです(笑)


試合はイマイチスイングしなかったような・・・棚橋が元気なく、ジュースがひとり頑張ってるように見えました。


いやいやしかし・・・ルーシュカッコイイ。

ただ単にバキバキではないレスラーらしいカラダつき、コスチューム込みでの全体のバランス、動きやしぐさも含めた佇まい・・・
今なかなかいないレスラーですね。

しかもルーシュドライバー・・・これフィニッシュホールドですよね?
1118-04.jpg



試合中の分断する際に棚橋にぶっぱなしました(笑)


昨年夏前ぐらいから内藤さんが巻き起こしてきた日本でのロス・インゴベルナブレスのムーブメント。
当初はマスコミもこのユニット名すら覚えられていませんでした。その間メキシコ本隊からは日本に一切関知しないように来日もせず、正直内藤さんひとりで作り上げたと思うんです。これホントにすごいこと。たまに比較されるnWoのときはもっとアメリカとの絡みがメインでしたしアメリカの意向でやってるとこもありましたね。ま、それはそれでカッコよかったんですが。

そんななかロスインゴ後初めて、満を持して本隊ルーシュ来日となりました。なんというか感慨深いです。

※たしかに本隊はかなり制御不能感が強いですね。




はっきりいって、ダントツでこのチームが優勝候補でしょうね。
ま、前回書いた通り優勝はないと思うんですが・・・。




その他気になった点をいくつか。

今回のWTLでは常連ではない外国人選手が多いですが・・・ビリーガンよかったですね。さすがワールドフェイマス。入場コール時のコーナーに上ってのDXポーズや試合中のSuck itなどDX感満載なのもよかった。ま、ハンタークラブの黒×緑がDXのカラーではありますが。他、ウォーマシン、ブライアン・ブレイカー、リーランド・レイスもよかったですね。

あとは・・・SANADAのヒザが心配です。

最後に一点、今大会の最大の不満。
現IWGPタッグ王者を何のエクスキューズもなしに転がさないでほしい。権威をしっかり守ってほしいですね。ホントに申し訳ないですが、ワタシは特にテンコジ嫌いなわけではありません。・・・ただG1の時にも思っていましたが正直天山は足が悪いのか、もう動けてないですよね?全盛期を考えれば年齢もあるし怪我もあるし仕方ないと思うんです、それは。ただ、そんなの誰が見ても明らかなのに、結果として団体最高峰である現IWGPタッグ王者に勝ってしまう・・・う~~~~ん…無理がある。違和感もあります。応援はします。何度も立ち上がる姿に感動もします。でも結果はこれはダメじゃないかな・・・。こんなこと思うのワタシだけかな・・・。






プロレス ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

この記事へのコメント